気持ち

その時は嫌な気分だけど反省しかないですよ。そのおじさんの気持ちは判らないでもないです…。それでももし、どうしてもジェスチャーで主様に抗議したいのでしたら、せめて?ブーイングポーズ(げんこつを作って親指を下に向けるヤツ)でしょう。流石にファッキンポーズは無いわ~。運転していると、ん?って思う状況に出くわすことしばしばですね。「だろう」運転は厳禁で、「かもしれない」運転が原則ですよね。なのでそのおじさんも、主様が黄色信号でも突っ込むかもしれない。そう考えて右折開始はしなかったのですものね。事故にならなくてホント良かったですよ。一番最悪パターンとしては。おじさんは、主様が黄色信号で停止するであろうと勝手に思って、右折を開始した。主様は黄色信号を見て、ここでブレーキを踏んでも間に合わない(停止線オーバーする)から、進んでしまおう。しかも速度を上げてみたりして。京都でタイミングベルトの修理交換